伝わる・揺さぶる!文章を書く

いやもう、これからサッカーなんですって。

今日で日本がね、どうなるかね、えぇ。

でもまぁ、私、ブラジルが勝ったからいいんですけどね。

 

さてと、ここ最近どうも読むのがね、時間がかかるようになってきーまーしーたー

ちょいちょい読んで、積ん読ものもたっぷりあって。

そのどっさりとたまった本の山を見るたびに、こううっとりと。

あぁ、こんなにまだ読めるのね、と。

これが病いでなくてなんであろう。

 

で、読んではいたものの、起こしてはおらず、それもまたエネルギー不足でして。

当ブログは絵面はAm◯zonさんからお借りしてはいるものの、本を売ってるわけでもなし、私の忘備録となっておるので、しばし、感想なんだかなんなんだかよくわからない状態が続くかもしれませんがご了承いただきたい。

と、ここまで永い言い訳

 

ようやく終いが見えてきた山田ズーニー祭り。

「伝わる・揺さぶる!文章を書く」 

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

 

 

うむ。これは読みやすく、とってもわかりやすい。

わかりやすすぎる(全部平仮名だと読みづらいね)

 

ところがこちら、

「おとなの小論文教室。」

おとなの小論文教室。 (河出文庫)

おとなの小論文教室。 (河出文庫)

 

 

こちらももちろんわかりやすく書かれておるのだが、半分くらい読んでぶん投げてしまいました(すいません)

これから読まれる方、上記のPHP新書の方を読みたまえ。

申し訳ないが、内容的にはどちらもさほど変わりはないのであるが、なんだろう、新書の方がまとまり感があるような気がする。

どちらかを選ぶなら、新書でおすすめ。

若い人にはとっても良い本になると思うわよ。