みみずくは黄昏に飛びたつ

暑さに弱い暇人は夏になると籠るようになる。

さて私が最近何をしているかというと、ゲームだ。

そんなのどうでもいいというような声が聞こえてきそうだが、夏場はやっぱりゲームなのさ。

パズルゲームレイトン教授シリーズの新作が出そうだというので(もう出た)その前にと、中古を買ってきていそいそと始めていた。

ゲームは普段しないのでほとんどが中古。

本も中古だったり図書館利用することが多い。

特に本に関してはいつも楽しませてもらっているから、作家さんにちゃんとお金が入るようにと、思っていることはいるんだけど・・・。

 

「みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子 村上春樹

 

みみずくは黄昏に飛びたつ

みみずくは黄昏に飛びたつ

 

 

私はハルキストではない。

彼の小説で一番よくわからなかったのは「ノルウェイの森

以前、炎上覚悟でブログにノルウェイは面白くないと書いたのだが、コメントで「ハルキストはノルウェイが一押しではないよ」というお言葉をいただいたことがある。

なりほど。

何作かは読んでいるので、彼の不思議な世界観を楽しんでいることは確かだ。

今作は、芥川賞作家の川上未映子の質問に春樹が語るという形をとっている。

川上未映子の小説もまた好きというわけではないが、彼女の「六つの星星」という対談集がこれまた良い。

 

六つの星星

六つの星星

 

 

対談の相手は精神分析家だったり、生物学者だったり、哲学者だったりするのだが、彼女の質問の仕方に只者じゃない感を覚える。

 

さて、このみみずくという本だが、これで村上春樹はいろいろなことを語っている。

あぁ、この人はこうやって小説を描いているのかと本当に知り得る本だと思う。

周りがどんなに深読みをしようと作家ってそれほど感じていないのねっていう。

でもこんな部分はすごく手を入れているのねっていう。

 

春樹にとってはユングがどう言おうが、一般解釈がどうだろうが彼の「エゴ」や「セルフ」は彼にとっての意味であり、語彙としての本当の意味なんかどうでもいいらしい。

春樹の「エゴ」であり「セルフ」なのだ。

なんて、自由なの。

いずれ皆、緻密に井戸を掘り続ける村上春樹デヴィッド・リンチの後を追う。

自分では井戸を掘れないので、掘っている彼らの後を追う。

で、なんかかんか(なにかしら)勝手にいうんだよね。

あは、私もだよ。

 

さーてと、ツインピークスリターンズ観よーっと。