読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜型人間のための知的生産術

「夜型人間のための知的生産術 齋藤孝

(124)夜型人間のための知的生産術 (ポプラ新書)

(124)夜型人間のための知的生産術 (ポプラ新書)

 

齋藤先生、よくぞ言い切った!!!!!

夜型でいいんじゃないかっ。

今まで誰も夜型を褒める人なんていなかったじゃない。

ロクな仕事につけないとか、生産性がないとか。

この本は朝型に切り替えろなんて絶対に言わない。

 

そりゃそーだ、夜の方が辺りが暗い分集中できるに決まってる。

でもそんなで夜更かししてたら次の日仕事ができないだろうと。

 

しかし、齋藤先生は言う。

 

「夜型人間としてどう生きるか」 を基準に職業を選べ。

 

と。

夜型人間が無理な朝型に合わせると早死にさえしかねない、とこうである。

ちなみに彼の現在は午前3時就寝の午前9時起床だそうである。

大学の先生は授業を自分で決められるから、1時限目を入れなきゃいいってことみたい。

 

夜の使い方が大切。

ついついゲームとかついつい飲みすぎって状態から、知的生産に変えましょうと。

1000冊読めば今の自分があると感じ、10000冊読めば明らかに自分の頭が読書によってよくなったと感じることができると。

 

齋藤先生は今まで500冊以上を上梓。

これを全て読まなくったってわかる。

彼が言いたいことはただ一つ。

 

「本を読め」

 

一貫してこれだけだと思う。

 

さぁ、今夜から夜に羽ばたくのよ。

もう自分がダメな子なんて思わないで。

でも、結局何も生み出さない奴は、朝型でも夜型でもダメよねぇ・・・