読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重版出来!

むぉ〜ん。

ってな感じにふんわりと暖かいのですが、雪虫も飛んでいることですし、また寒くなるんだろうと思います、はい。

 

ちょっと前に読んだ漫画。

 

 テレビドラマの出来も良かったので、ついつい原作に期待。

えーと、画はですねぇ、馴染めませんねぇ(笑)

決して上手ではないです、ですが、慣れてきます。

むしろこのデッサンの不思議さに慣れ始めます。

 

漫画家の苦悩ってなお話に大御所の「まんが道」とかジャンプの「バクマン。」なんかありますけれど(どちらもGOOD)出版社サイドからの漫画はだぶん少ない。

バクマン。」や今テレビでやってる「校閲ガール」でもかなり編集側の動きが楽しめるけど、この「重版出来」も非常にあっついです。

出版ってこんなにアツイんだなと、うれしくなる。

 

編集、営業、漫画家、そして本屋さんと読者。

皆の気持ちがひとつになって〜1冊になるんですよね。

名言が結構ある漫画なんですけど、ひとつだけ紹介。

 

才能のある者はその才能の奴隷となれ!

 

いやーん、すてきー。

たまらんですぅ。

 

子供の頃から本に関しては雑食で、だらだらと手出しをしてきました。

特に大好きなテーマが「天才の苦悩」

母親には座って本ばかり読んでいて絶対に嫁に行けないとまで言われ.......

今も完全な快楽で読んでいます。

何かを学ぶため役立てるために読んできたわけではなく、まぁ、結果的に学んでしまうことはあっても、自分だけのために読んできました。

世の中では本を読むことって肯定的に捉えられているけれど、いや、なんの、自分だけが気持ち良いのであって、その辺のゴミ拾いでもした方がよほど世間の役に立つんですよ。

でも、たぶん。

これ、この先もやめられないんだと思います。

読む数は減っているけれど、やっぱ脳が求めちゃうもの。

 

あれ?重版出来の紹介じゃなかったっけ?

どこでズレたんだろう........