読み上手書き上手

「読み上手 書き上手 齋藤孝

 

齋藤孝というひとは国語のせんせーいや、文学部教授であるわけだけれど、肚文化の研究をしたりと、まぁ、そんな印象の方である。 

 

読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)

読み上手 書き上手 (ちくまプリマー新書)

 

 プリマー新書なので、主に若い人用や学生用なのかもしれないが、なんの、結構私のようなものには役立つ情報も多い。

 

読んで下さっている方はよくご存知であろうが、私の文章はめちゃくちゃだ。

一人称がよく変わるし、文末形式もいろいろ、そして主語と述語が入れ交じる文のねじれも多々ある。

なんとなく気分で書いているので構成はしていないが、たまに読み返してみると自分でも驚くことがある。

 

というわけで、齋藤先生の登場なのだが、この先生の本は本当にわかりやすい。

さすが教えるプロ。

 

何かを書く場合、小説でなければ、読み手にわかりやすい文章を書くことが一番である。

その場合名文である必要はまったくない。

のだが、・・・それでも名文はやはり読んでおくべきもの。

読み上手にならなければ、上手に書くことはできない。

多読が本当に良いのかどうかははっきりしないけれど、ちゃんとした文章家の読書量がもの凄い量だということはわかったわ。

(小さな図書館の本全部くらいは読んでるらしい)