読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代霊性論

おや、私としたことが数年前に読んだこの本の紹介をしておりませんでした。

 

「現代霊性論 内田樹釈徹宗

 

現代霊性論 (講談社文庫)

現代霊性論 (講談社文庫)

 

 既に文庫化でしたー。

なぜ買ってしまったかというとほぼジャケ買いです。

これ表紙が井上雄彦画伯なんですよ。

 

内容としては相も変わらず、内田さんがべーらべーらとしゃべり続け、釈さんが相づちを打ち続けると、そんな感じ。

死とか霊について語りながら、占いや新宗教、カルトなどのスピリチュアルと呼ばれているものの毒にあたらないようにするための指南書と帯には書かれております。

 

この二人の文学部教授の対談、もちろん面白いのかと問われれば面白くないこともない、しかし、何か印象に残った部分があるかと言われれば、さっぱりない(笑)

 

これ読んだら危ないところへ走っていかないようになるかといったら、それは難しい。

危ないヤツはたぶんこれを読んでも止まらない。

こんなのにひっかからないヤツはそもそも始めからこんな本読まない。

崖に進みそうなヤツを食い止めるには、弱いわねぇ。