読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バクマン。(映画)

ブログ

なんとも複雑な映画である。

なんでって?

面白いと言っていいものか、いや、そうでもないと言っていいものか。

原作はどっぷりと濃い内容なので、総合芸術とはいえ2時間の映画に収めるのはさぞかし大変だったであろう。

どこに着地させるかで変わってくるとは思うんだけど。

 

佐藤健と神木くんの主人公二人は文句なし。

どちらもそれなりにうまいので安心してみられる。

まー、健の高校生はムリがあったけど。

山田孝之のはっとりさんは可もなく不可もなく、毒にも薬にもならんがこれも良し。

シンタは良かったねぇ。

あれはベストキャスティングじゃないかしら。

しかし、肝心の肝心の肝心の

新妻エイジ、大失敗じゃないか。

カリスマ性のかけらもありゃしないっ。

いかにマツケンのLがすばらしかったか改めて思ってしまったわ。

 

そして、クドカンのおじさんがすごく良かったー。

もうキチンと勤め人したことない感が半端ない。

 

映像は見応えがあるのよねぇ。

週の連載バトルを現すところなんかも素敵に表現してある。

それとエンドクレジットを実際のマンガの背表紙にしたところはGOOD!

 

どこかのサイトに「マンガを描く場面はすごいが内容は薄い」って書いてあったけど、まさにその通り、それにつきるわ.........

 

バクマン。ってマンガ、あんなに単純じゃないから。

 

 

バクマン。DVD 豪華版

バクマン。DVD 豪華版

 

 

 

バクマン。Blu-ray 豪華版

バクマン。Blu-ray 豪華版