読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開かせていただき光栄です

舞台は18世紀ロンドン、解剖教室でのミステリ。
グロが苦手な方でもわりと大丈夫(かな)
「死の泉」が陰ならこちらはわりと陽寄り。
洋ものでも短編「蝶」のような和ものでも皆川さんの描くものにはねっとりとした闇が漂うのにしつこくないのは、このテンポの良い文章によるものかもしれない。