読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋ちゃんモノDVD

今回これを書くにあたってタイトルを何にすべきか考えた。

観たDVDが3枚。

どのタイトルも違うような気がして〜。

 

まずこれ「マッスルボディは傷つかない」

マッスルボディは傷つかない [DVD]

マッスルボディは傷つかない [DVD]

過去にあった北海道ローカルの鈴井の巣という番組のドラマ部分とバラエティ部分が組合わさったDVD。

まぁメンバーも大泉洋ちゃんを始めとするチームナックスが総出演なので(というかナックスの番組なんですが)水曜どうでしょうみたいなモンです、と言えばわかってもらえるかな。

でも、旅番組ではなくこちらはドラマ。

自分たちで本を書き作詞作曲もする。

今回の脚本はご存知平成の怪物安田顕なんで、もーばからしいったらありゃしない。

メイキングはもう腹抱えるほど笑ったわよ。

 

で「LOOSER」

こちらはチームナックスの舞台。

第10作品目かな。

現代とラップしながらタイムスリップする新撰組モノ。

あぁ、なんか羽織っていいなぁって思いましたよ、今、私下駄はいてますし、毎日。

って、そこかい。

 

そして「蟹頭十郎太」

これはどうでしょうの藤やんとうれしーが舞台をやってみたいということではしゃいじゃったもの。

ストーリー的にはべたべたなんだけどなぜか泣いてしまうという、とくにどうということもない作品。

洋ちゃんの講談は良かったよ。

 

わたくし実は片付け魔。

家からモノを出していくのが好き。

(まぁ増やしてもいくから減らせるわけですが)

今回は本じゃなくDVD整理というのをやっていて、見直してみたというわけなんです。

この3枚、見比べてみて

 

「どれも本編よりメイキングの方が面白い...........」

 

そんなもんなんすかね。