読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニットとこぎん刺し

腕が上がらなくなるほど

 

編み物をしておりました。 

f:id:samonsan:20130408182747j:plain

 編み物はよくします。

なぜかって?

それは何も考えなくていいから。

集中力マックスでいけるからですの。

 

普段編んだものはあまり自分では使いません。

できあがってしまうと執着がなくなってしまうという......

で、さし上げる事が多かったりするのですが(へたくそなのに)

いや、自分でも着てみようということでこの度はコットン糸でニットを編んでみました。

クッションにかぶせずに着てみろって?

着たんですよ、着たらどうもばばくさいんですよ。

そのまんまという感じで恐ろしい。

やはりモデルさんとは違いますね(下写真表紙参照)

 

で、腕が上がらないというのに、次に私が選んだのは

 

「こぎん刺し」

f:id:samonsan:20130410082013j:plain

これはねぇ、幾何学が美しい津軽の伝統刺繍でねぇ、田舎の人は物を大切にするっていうより、着物をぽんぽん用意できなかったんでしょうねぇ、刺繍で補強、しかも寒さ対策にもなるってことだったんだと思うんですが、刺繍してみて気づくのは、これ、糸めちゃくちゃかかるんでは.....

ということですか。

絹とか使用すると大変な事になりそうです。

しかもねこちんとかいぬちんとかいるところはばりばりとお気に入りアイテムにされそう。

 

いつも思うんです。

手芸とかしていると私は一体何をやっているのかと....

疑問に思っちゃいけませんね。

かあさんが夜なべをして手袋編んでくれたそうですが、あれはきっとおかあさんやめられなくなったんですよ。

 

気軽に編みたい旬ニット (レディブティックシリーズno.3362)

気軽に編みたい旬ニット (レディブティックシリーズno.3362)

こぎんキット・コースター(紺)

こぎんキット・コースター(紺)