読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バガボンド 34巻

バガボンドでは小次郎が好きだ。

耳が聞こえない剣士という設定がどういうことなのか、自分には十分理解できていないのだが、小次郎に「理」を当て嵌めた以上、天才にせねばならぬのではないか、と思っていた。

自分の感覚としては山で育ち、人を斬りまくった武蔵の方がそちら側ではなかったのかと。

 

で、34巻だが、小次郎側からの物語と武蔵側からの物語が描かれており、井上さん、また絵が変わった。

そして、武蔵が人になっておる..........。

バガボンド(34) (モーニング KC)

バガボンド(34) (モーニング KC)