映画 ミスト

後味が悪い映画だとは聞いていた。

そして情報はそれだけ。

いろいろ知っちゃうと面白さって半減しちゃうでしょ。

だから感想とか読まない。

だって平気でネタバレしてる人とかいるじゃぁないですか。

 

この先ネタバレになるかもしれません、お気をつけくださいまし。

最初にたこの足みたいの出た時には、シャマランかっ!と消そうになりました。

そりゃ変な生物映画だったら特に観たくもないですし。

最後まで観ていくと、まったくの理不尽系映画だとわかります。

二度と観たくないって方が結構いらっしゃるみたい。

なんとなく簡単にこんな映画だよって説明はし難い。

密室での集団心理の怖さがよく出ています。

閉じこめられたときでさえ、リーダーができ、ルールが決まり、意見が対立し、暴力が始まり、教祖が誕生する。

逃げた者逃げなかった者の心理描写が空恐ろしい。

でもその部分がないとただの変な生き物映画です。

(ちょっと美しいけどね、霧の中で)

 

ここで考えてしまうのは最悪の状況での判断力。

地震に津波に原発にと実際いろいろありました。

そういう部分では非常に考えさせられる。

かなり理不尽ですが、普通のハートウォーミングを望んでない方はぜひどうぞ。

 

ちなみにキングは「ミザリー」が好き。

ただ一言申し添えさえていただきますと、私グロはニガテです、かなり。

 

良くも悪くも残る映画。

さすがの私も(?)夢見が悪かった。

ほんと心臓に悪い............。

ミスト [DVD]

ミスト [DVD]