読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘔吐

人文 思想

ソ、ソ、ソクラテスプラトン

二、二、ニーチェサルトルか.....

 

ジャン=ポール サルトル フランスの哲学者。

そして内縁の妻はボーヴォワール

 

例えばキルケゴールなら「絶望」をこと細かく分析していくわけだけど、このサルトルの「嘔吐」は哲学書というより小説という手法をとっているため、さほどしつこい内容にはなっていない。

実存主義の存在を問うて、そして得られたわけなのでしょうけれど。
「あれ」によってね。

ふぅ....。

小説なら不条理の方がやはり面白いのではないかしら。

 

みーんな悩んで大きくなった。

嘔吐 新訳

嘔吐 新訳