読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無境界

「無境界 自己成長のセラピー論」

 

心理学の第4の潮流である、トランスパーソナル心理学のセラピーを扱ったもの。

この場合の無境界とは心理学的病理の境界ではなく、心と身体、意識と無意識にあると思われている境界なんて無いんですよという意味。

トランスパーソナル心理学は臨床的には効果があるとはいえ宗教と何ら変わらないという批判もある。

よって心理学本であると思って読み始めるとアレルギーを起こす輩も当然出るだろうし、もはやスピ(この表現は非常に好きではない)本、というよりまんまそれであり、それがトランスパーソナルの特徴でもあるらしい。

意識のスペクトルに合わせた療法や分析の図が載っているが、この括りが何とも....。

無境界、東洋では散々言われ続けたことではある。

無境界―自己成長のセラピー論

無境界―自己成長のセラピー論