読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっと彼女がいないあなたへ

人文 思想

「ずっと彼女がいないあなたへ 諸富祥彦 WAVE出版」

 

草食だなんだいわれてますけど、そういやここ10年くらい受け身な男性は増えているような気がしないでもない(いや、そうだろうて)

これは彼女がいない男性向けに書かれた本であるが、ここまで説明しないと恋愛ってできないもんなのかしら。

もっと本能に近い部分だと思ってましたけど。

 

さまざまな理由があるにせよ、もし男性が受け身になってきているのだとしたら、長い年月受け身の教育を受けてきた女性側はどんな仕掛けをしていけばいいのやら。

女性がそこを楽しめるようになれば、立派な恋愛マスターいや、ハンターがチェンジを迎えるのか。

 

「モテキ」でもまどろっこしい男性にいらいらしてる女性が出てきましたっけ..........って、ありゃ作家が女性だもんね。

 

しかしなんでこんな本読んでるんだって?

ただこの有名なカウンセラーがどんな話をするのか興味があっただけなんだけど.............。

これを読んで彼女ができるかどうかは.....

いずれなんにつけそんなもんかしらね。

ずっと彼女がいないあなたへ

ずっと彼女がいないあなたへ