欲望

「欲望 小池真理子 新潮文庫

 

中学の同級生三人(女二人と男)の大人になってからの物語だが、三島由紀夫の小説を絡めながらの物語であり、主人公の愛する男性は性的不能者。

女性作家の目からどんな心理が展開されるのかと思ったが、心情を書き過ぎた感が否めない。

しまいにゃ、クララが、クララがたったとでも言おうものなら、本をぶんなげる準備をしていたけれど。

タイトルはシンプルで、しかも内容にあったものなので良いと思う。

厚めの本なのに飽きずに読めるが、うむ、登場人物の誰にも感情移入することができなかった。

しかし、ラストはやはりうまい。

「恋」のときにも感じたが、これぞ小池真理子といった終わり方だ。

 

が、やはり「恋」の方が良かった.........な。

欲望 (新潮文庫)

欲望 (新潮文庫)