本の本

「本の本」

これは斎藤美奈子さんの1994年から2007年までに書かれた書評集。

厚さが5センチありましてとても片手では読めず、730ページ。

まぁ、お腹いっぱいですわ、こんなにあったら。

 

もちろん彼女の書評だけに切り口は抜群。

この辺は松岡正剛氏でさえ「タテヨコナナメ自由自在の文才の持ち主」とお認めになっておる。

しかし、ちょっと待て。

あたし斎藤さんものっすごい好きなんですが、これは紹介されている本までなんとなく読む気にならんのよ。

斎藤さんの文章ですっかり満足してしまい、その紹介本まで手がでない。

これは桜庭一樹さんの読書日記で、わーすごい、えーーびっくり、ぐおーとか書かれた方がよほど読む気になるような.....。

この点はどう考えたらいいんだろう。

 

そして、この黄金虫のようなものが、だーーーっと並んだ装丁はいったい。

あぁ、本の虫ってことですかい。

あ、祖父江さんね。

厚さにあわせて堂々の栞ひも二本使い。

さぁどうだ、読んでみろと言われてるようで、本棚においてもかなり目立つ厚さではあります。

本の本―書評集1994‐2007

本の本―書評集1994‐2007