想い出にかわるまで

「想い出にかわるまで」

ある程度の年齢の方ならご存知の内容だと思われますが、結婚直前の主人公(今井美樹)が婚約者(石田純一)を実妹(松下由樹)に奪われるというどろどろなドラマです。

当時見逃しておったので、この度ということで。

 

むーーぅ、なんとも言えん。

どこの場面でも入り込むことができませんでしたぜ。

これ私が若かったとしたら一緒に泣いただろうか。

今井美樹が当時の長ーーい髪に真っ赤な口紅という(ずいぶんはやりました)今見るとずいぶんな格好なんですが、これ21年くらい前のドラマで、ついこの間も約20年前の「高校教師」を観たんですけど、こんなに古くさくなかったなぁと。

さて、石田純一は昔モテキャラでした、そういえば。

その浮気したにもかかわらずの開き直りっぷりや、松下由樹の一途さというより、狙った獲物は最後までっていう体当たり演技っていうんですか、それがまぁ悪くなかった。

脚本の大半が内館牧子女史なわけなんですが、その辺はさすがに視聴者をひっぱっていってくれるというか、最後まで観させてくれるというか。

始終気になっていたのは、とにかくもう今井美樹の鬱陶しさが鼻についていらいらいらいらしてしまいました(それが手なのかな)

ドラマ上では純粋と設定してありましたが、相手の浮気、それは妹が相手だったというタダの浮気ではないわけで、その大変な事実を彼女の潔癖さが受け止めきれるかどうかというのが、キモか(違うか)

今井美樹と石田純一がそれでも別れられずに何度も何度も泣きながら、別れようとするんですが、それがもう..........私、歳ですかね、お笑いにしか見えんのですよ。

いずれ、自分たちが酔った状態は他者にとって笑い話にしかならないのだと、まぁ知ってはいましたが.....。

んでも、酔っぱらったもん勝ちということももちろんあります、はい。

想い出にかわるまで DVD-BOX

想い出にかわるまで DVD-BOX