点と線

「点と線 松本清張

 

ネタバレに結びつくかも......。

 

最初から犯人の予想が付く設定で、アリバイ工作の謎解きになっている。

一箇所、はっ!とした部分があったが、それのみ。

登場人物への感情移入もできず、さらさらと軽い感じがした。

砂の器の方が個人的には好き.....だ。

点と線

点と線