殺人鬼フジコの衝動

こんな年になるまで小説をあまり読まずにきた。

これから数々の名作、大作に手を出せるはずなのに、ついつい火に入る虚しさよ。

 

どこにも光がない救われない人生なのかもしれないが、悪事を働く意味を見いだせない。

確かに意味などいらないのだが、引き込まれる何かがないとそれを面白く読むことはできない。

 

この小説が本当に好きだという読者もいるのかもしれないが、私がみた限りではあまり良い感想はなく、逆にこれだけマイナス批評が多いということはそれだけで勝ちなのかもしれない。

 

このひとつ前に読んでいたのがまほかるだっただけに、差が激しい。

後味が悪いのは小説それぞれだから気にならないけれど、トリックの工夫以上にあまりの文章に読む気がうせる。

昨今、刺激追究だけの短文も多く見られるようになったが、絵のあるマンガならまだしもある程度の描写は必要だろう。

グロを越える何かがないと、トリックであれ文章であれ。

アマゾンやその他のレビューもずいぶんなことが書かれているのになぜ売れた?

タイトル勝ちだろうか。

ある意味負けました、帯作りを褒めてあげたい。

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)