リバースエッジ大川端探偵社

イメージを特定されるのがイヤというのはわかるけど、狩撫麻礼でいいんじゃないの?

帯には「不世出の語り部&絵師の活写する探偵物語」とある。

このふたりが組むとやはり幻想的になる。

 

毎回エキセントリックな依頼人が現れ、その仕事を引き受けていくわけだけれど、ネタ的にはなんとなく「ボーダー」でやってしまった内容も多いが、この時代にマッチするようアレンジも変え、落ちも違う。

「黄昏流星群」もいいけれど、ひじかたさん(ま、いいか)独特の毒が効いていて実にというか、やはり面白い。

「ボーダー」を読まれていない方にもおすすめ。

ま、小うるさい蜂須賀が出てこないから全体的に静かだけれどね。

リバースエッジ大川端探偵社 1巻 (ニチブンコミックス)

リバースエッジ大川端探偵社 1巻 (ニチブンコミックス)