ユージニア

「ユージニア  恩田陸」を読んだ。

 

旧家で起きた大量毒殺事件。一人生き残った美少女。

犯人に繋がる手がかりを聞きだそうするが、彼女は盲目であった。

 

誰かのインタビューに答える形式で始まるこの物語。

この女性は何者なのか?

そしてこれから何が語られようとしているのか、冒頭から引き込まれる。

 

好きだな、この作家の描写は。

しかーし、後半に行けば行くほど間延びするのはなぜ?

そりは~この作家の特徴?なんだかよくわからなげ感?

少し変わったミステリではあるが、今後も読むぞ、恩田陸

まだ事件は終っていないのだ・・・。

ユージニア (角川文庫)

ユージニア (角川文庫)