旅の理不尽

「旅の理不尽 宮田珠己

旅本といえば、タマキング。

タマキングの本はいつ読んでもどこの国へも簡単に出かけられそうな気分にさせてくれるわ。

この本はデビュー作で、当初自費出版だったとか。

昨夜ブタ鼻で笑い続けたのは言うまでもない。

でも、なんでこんなにおかしいのか、何がそんなに面白いのかはわかんないのよねぇ。

旅の理不尽 アジア悶絶編 (ちくま文庫)

旅の理不尽 アジア悶絶編 (ちくま文庫)