読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティーブジョブズ驚異のイノベーション

ストック本が無くなるとあちらこちらを探しまわる。

誰かが読まずにころがしておいた本をみつける。

通称「ころがり本」

実際は本棚というところに収納されているものだが、わたしにはころがっているようにみえるのだ。

本日のころがり本はこれだ。

「スティーブジョブズ驚異のイノベーション」

人生において金が目的の場合、実際金が入ってしまうと堕落してしまう例はいくつもある。

仕事に真摯でなくなったり、情熱を失ったり。

アスリートなのに太って終わったり、もっと稼げるとさらに追い続けて手が後ろに廻ったり。

この本の副題は「人生•仕事•世界を変える7つの法則」

帯にはご丁寧に「ジョブズならどうするか?」とある。

 

ジョブズの7つの法則はとても良い。

ひとつだけご紹介してみます。

第1の法則「大好きなことをする」

至極当然のことながらなかなか難しいもの。

それじゃ食えないしとか才能ないしと思うのが凡人で、既に成功者のレールからは外れているわけで。

そこでやはり金が目的となってしまう場合が多い。

やはり情熱を持ち続けて仕事をしたいものである。

 

さて「ジョブズならどうするか?」

なんとなく「ブロンソンならこう言うね」とみうらじゅんがちらつくが、ジョブズならねぇ。

知らないねぇ。

ジョブズがどうするかは知らないが、オレはこうするのだ!という意思があるやつはたぶん大丈夫なんじゃないかと思うのだが。

 

あ、言い忘れましたが、いい本ですよ!

他のすばらしい啓発本と一緒でその気になれる。

これが持続できるかどうかが...........。

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則