幻の女

「幻の女 ウイリアム•アイリッシュ」

 

妻殺しの犯人にさせられた男の唯一のアリバイはある女を探すこと。

死刑執行が近づく。

しかし探すべきその女は幻のように正体が見えない....。

 

とまぁ、こんな内容のミステリなのですが、ずいぶん有名で古い本のようです。

しかし、いい本がそうであるようにまるっきり古さは感じない。

そして、面白い。

 

何かを語るのはやめようと思う。

ほんの触りだけでこれから読まれる方にがっかりさせるようなことがあったら大変だから。

幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))

幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))