砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹

初期の頃の作品である。

少女には向かない職業」となんとなくテイストは似ているのだが、私はどちらかというとこれの方が好きだ。

欲であるとかそういうものから生まれる陰湿なものより、仕方なさから出てくる狂気が悲しい。

転校生の少女と主人公である「あたし」の兄友彦のキャラがうまくたっている。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫)