読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三島由紀夫とはなにものだったのか

三島由紀夫」とはなにものだったのか 橋本治

橋本本はこれが初。

軽めの導入部分で入り込ませ、どんどん独自の攻めに論じていく。

三島さんはまだ3冊ほどしか読んでいない私は、これが読めるだろうかと若干の不安はあったのだが、心配は杞憂。

面白く読めた。

ここで橋本治の三島論をもう少し突っ込んでみるといいのかもしれないのだが、ボロがたくさんでそうなので今回はやめておくことにしよう。

 

橋本さんの論文とは別に気になった記述。

三島さんが市ヶ谷駐屯地で自決したその日、三島由紀夫の生首の写真が夕刊に載ったそうだ。

げーーーーっ、少し前の、いや40年前だが、その頃の新聞ってそんな記事(いや大した記事だが)載せてたの???

いや、まぁ写真か。

とにかく昨今の新聞のように情報を変えて載せるよりいいのか、どうなのか。

いやしかし、生首はどうなのだろう。

少し、いやかなり焦る。

「三島由紀夫」とはなにものだったのか (新潮文庫)

「三島由紀夫」とはなにものだったのか (新潮文庫)