それでも、生きてゆく

昨夜フジのテレビドラマ「それでも、生きてゆく」が最終回を迎えた。

被害者家族と加害者家族という非常に難しい問題を扱ったドラマ。

通常ドラマは導入部で盛り上がり、中だるみがあって終盤ちょこっと盛り上がって最終回はつまらないというものが多いような気がするのだが、このドラマの最後は悪くなかったんじゃないかと思う。

ちょっと気になる部分はもちろんあるものの、例えば佐藤江梨子はどう思うのかとか。

 

しかし、なにもの、満島ひかり

良過ぎる。

あまりに自然過ぎる。

 

当初喰われていた瑛太も終盤よくなってきたし(上から目線で悪いが)

おめでた続きの瑛太ではこの役が難しいのではないかと危惧したんだけどー。

最終回のふたりはとても良かった。

 

しかし、父親役の時任三郎どの。

最後まで演技が..................。

 

たぶんいちばん辛いであろう役だったのだ。

あまりに想像を絶する役だったのね。

ゆっくり川の流れでも抱いて眠っていただきたいものだ。

お疲れさま。

「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版 (初回封入特典終了) [DVD]

「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版 (初回封入特典終了) [DVD]