悩む力

「悩む力 姜尚中

姜尚中氏が以前日曜美術館に出られていたときは、毎週のようにみていた私。

コメントの切れ味が素敵で、頭の良い方なのだなぁと(上から目線で失礼します)

 

今回の「悩む力」は夏目漱石マックスウェーバーをひいて「悩みとは」に迫ります。

悩み抜いて生き抜け、悩み抜いたところに道はあるってところでしょうか。

もしかしたら開き直りに通ずるのかもしれません。

ある意味開き直りは部分部分では高尚ですらあります。

ところどころフランクルなどに触れたりもして、やはりどこまでも真摯であり、紳士ですな、この方は。

悩む力 (集英社新書 444C)

悩む力 (集英社新書 444C)