読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生これでいいのだ

「人生これでいいのだ!! 赤塚不二夫

この本は赤塚せんせがやっておった人生相談をまとめたもの。

赤塚せんせが人生相談ですのよ、奥さん。

ところがですな、このかたやはし達観しておられる。

酒を飲み過ぎて幻覚が大変だったり、身体がぼろぼろだったり、経理に金使い込まれたり、商売に失敗したりといろいろご経験がありますからね、そりゃ。

しかし、さすがにその回答がその辺の心理学とかの偉い先生と違って人間味が溢れながらもすばっといい味を出しておるんですのよ、これが。

ダメなものはダメってはっきり言うしね。

 

談志さんや北方さんなんかとの対談も交えてありますの。

泉谷しげるさんとのトークをちょいと抜粋しますと

 

泉谷氏「救済でもセックスでも オレ、気持ちいい ってのが大切でさ、一種の脳内麻薬なわけ。人間って、みんな規制の中で生きててフラストレーションが溜まるでしょ。もっともっと自分に刺激を与えて快楽を楽しめばいいわけで、快楽であることが罪って考え方が多過ぎると思うね、特に日本人は」

 

と、語ると赤塚氏は一言

 

赤塚氏「おまえ、意外に理屈っぽいな」

 

天才バカボンの企画段階でのタイトルは「天才バガボンド

しかし バガボンド=放浪者 ってタイトルは読者にわかりにくいということでバカボンに。

薄伽梵=仏 の方の意味かと長らく思っておったのですが、あぁこっちね。

井上雄彦氏知っておったんじゃ‥‥

武蔵=バカボンのパパ か。

これでいいのだ。

人生これでいいのだ!! (集英社文庫)

人生これでいいのだ!! (集英社文庫)