殺戮にいたる病い

エログロですねぇ。

中身の紹介をしたいのですが、できないの。

何を書いてもいけない気がするのです。

ちなみに私はほぼミステリとかを読んでいると、だいたい筋の見当がついたりするのですが、これは.....わからなかった。

えーとこう書いたりするとすごいのかとなっちゃいますよね。

いずれまだお読みになってない方は、もちろんネットなどのネタバレなどは絶対に見ないで、本の後ろとかにある説明なんかもみないで、解説なんかはもってのほかで、そして期待せずに読んでみるのがよろしいのではないかと。

 

あーまんまとやられました。

 

しかし初出が1992年とあったけど、この作家実に30歳で書いたのかと驚きです。

30で書けるか?これを。

殺戮にいたる病 (講談社文庫)

殺戮にいたる病 (講談社文庫)