読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方

私はごく、ごく一般人なのでタイトルに「東大」とかつくと手にとってみてしまいます。

10数年前にも「東大生」だか、「東大式」だか忘れましたけど、

そんな麻雀の本を読んだことがありました。

してまた、今回もだまされたのが

 

『東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方 浅羽克彦』

あ、笑った方いますね?

なんちゅー本読んでるの?と聞かれても困ります。

なんにでも手を出してしまうのが私流。

この著者、もちろん東大をご卒業された方なんですけど、現在は「わかりやすさ」についての研究所を設けているほど。

 

本書では東大入試やTOEIC、TOEFLでの高得点のあげ方を伝授しております。

まぁとにかくね勉強してますよ、この方たちは。えぇ。

スキマ活用ですよ、スキマ。

スキマさえボケッとするのを許さない。

手足を使えないときは耳を使えと、こうおっしゃっております。

 

でもね、がつがつしてないの、なんか。

すごく楽しそうに勉強している。

そんなところは好感がもてました。

英単語にかかわらず、いろいろな試験に活用できる方法が載ってるんだけど、私がウロコだったのが一つ

英単語は書けなくてよろしい。

もちろん中学英語などは書けないとまずいけれど、それ以上は意味がわかって発音できればOKであると。

英語で論文を書く場合や通訳になるとかでなければこれでよろしいと。

 

なるほど。

納得しちゃった。

でもこれが、効率っていうものなんですかねぇ・・・・・・・・。

東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方

東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方

東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方 (中経出版)

東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方 (中経出版)