読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父の詫び状

『父の詫び状 向田邦子』 1978年

 

言わずと知れた彼女の随筆なのだが、やはりすばらしい。

家族、思い出、などを切り取った内容。

誰もなのかいや向田さんだからなのか、せつない思い出が多い。

30年経った今でも楽しめる上質の随筆。

ご自身は上品な人間では決してないといいながら、そこかしこに漂うちょっと前の日本人が美しい。

父の詫び状 (文春文庫 む 1-1)

父の詫び状 (文春文庫 む 1-1)