読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多読術

『多読術 松岡正剛

 

セイゴオ先生の本は今回で2冊目

松岡さんの本の読み方がインタビュー形式で紹介されております。

彼が今までどう本を読んできたかの経緯とか。

まとめてしまうとどういう読み方であってもかまわないと。

 

ちょっと引用しますと

 

「感読」「耽読」「惜読」「愛読」「敢読」「氾読」「食読」「録読」「味読」「雑読」「狭読」

 

などなど。

 

読み方のオススメとして複合読書法を紹介されております。

類書や似たような本をなるべく一緒に読むとか近い時期に読むとか・・・。

読書についていろいろな角度からセイゴオ先生に聞くインタビューなんだけど、これ・・・・あえて聞くまでもなく読書家はみなやっておるんですよ。

それぞれのスタイルで。

なので、今回のこの「多読術」は今まで読書の習慣をつけたいと思ってもつかなかった方やこれから読書を始めようと思っている方なんかにオススメなのかもしれない。

多読術 (ちくまプリマー新書)

多読術 (ちくまプリマー新書)