17歳のための 世界と日本の見方

「17歳のための 世界と日本の見方 セイゴオ先生の人間文化講義 松岡正剛

 

長いタイトルですな。

17歳の・・・とあるように、高校生のための講義。

しかしシンパイにはおよばない。

大人でもしっかり読めます。

 

人間と文化の関係から始まって、物語のしくみ・宗教のしくみ、キリスト教を少し細かくやって、日本に戻り、最後はヨーロッパと日本をつなげる5回の講義。

5回とはいえ、長いですぞ。

対世界を知ることによって日本文化が色濃く現れるというもの。

帯には「足し算の文明。引き算の文化」とある。

どんどん足していく文明に対し、まさに日本文化は引き算。

水を感じるための枯山水のように・・・・。

歴史を紐解くだけでなく、いろいろな方のエピソードなんかも語られております。

 

レーサーの鈴木亜久里氏。

頭から足先までロックされた車中でのセンサーは「お尻の穴」

ここで微妙なエンジンを感じ取る。

硬い方はレーサーになれないそうですよ。

 

正剛先生、おもしろい男ですぞ。

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義