SEX AND THE CITY

テレビ版「SEX AND THE CITY」を観る。

 

NYセ○クス事情と銘打っているようにまさにそういうお話。

現代女性には自己防衛とキャリアこそ必要。

引き摺る恋愛なんかもう真っ平。

今まで男性がやってきたように女もセ○クスするのよ・・・・・だそーだ。(単語に○が入る方がいやらしいか)

 

女性の過激な本音ということだが、あからさまな表現は程度の差こそあれ日本でもさほど変わりはないのではないか。

ドラマを見たところで「あさきゆめみし」を読んでみる。

これは源氏物語のマンガ版。絵もすばらしく林真理子女史に傑作だと言わしめたのも頷ける。

まぁ原作がね、ストーリーといい設定といいキャラクターといいちりばめられた和歌といい完璧。

そりゃ読み継がれてますから。

圧倒されるような美しさに数々の才能を持つ光源氏の一生。数多の女性達との情事。

人間のそして女性の悲しさを表現したものでは上位だろう。

 

SEX AND THE CITY」が現代のセックス事情ならばこちらは平安のセックス事情か。

一般女性とやんごとなき姫君を同じ舞台にあげるのは間違いかもしれないが、取り扱っている問題は一緒かな。

平安は重いな。千年も前だもんね。

それから遡っても男性が支配した時代は長い・・・・・。

平安の高貴な女性は自分の意志はおろか殿方に顔さえみせてはならぬ。

10歳も過ぎれば兄弟でさえ姉や妹の顔は見られない。

江川達也さんはこの頃の女性の顔は性器と同じだ、見せてはならないと言っておりましたな。

 

最近男性でもこの「SEX AND THE CITY」にはまっている方がいるそうだ。

そりゃそーだ。相手の意思がわかるほうが都合がいい。

そしてもちろん女性達にも大人気なんだそーだ。

最近のNYの事情として受け取る以上にドラマのように生きるわとばかり、キャリア女性が4人でつるんでいるのを先日テレビで見た。

 

でもどーだ。

わざわざ自分は感情抜きの恋愛をしたいと口で言ってしまえば、余程男女関係に疲れたか豊かな恋愛を知らないと判断されても仕方ないよーな・・・。

確かにどう生きるかはひとそれぞれ。好きに生きるがいいさ。

しかし、だまっとけ。

Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX セカンド・エディション [DVD]

Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX セカンド・エディション [DVD]