映画 ドラマ

春の映画祭り

DVDをいくつか観たので、ちょっと感想。 「オーバーフェンス」 オーバー・フェンス 通常版 [DVD] 出版社/メーカー: TCエンタテインメント 発売日: 2017/03/10 メディア: DVD この商品を含むブログ (2件) を見る 函館3部作、でしたっけ。 うーん、複雑。 「…

洋ちゃんモノDVD

今回これを書くにあたってタイトルを何にすべきか考えた。 観たDVDが3枚。 どのタイトルも違うような気がして〜。 まずこれ「マッスルボディは傷つかない」 マッスルボディは傷つかない [DVD]出版社/メーカー: HTB 北海道テレビ発売日: 2004/03/26メディア:…

映画 ミスト

後味が悪い映画だとは聞いていた。 そして情報はそれだけ。 いろいろ知っちゃうと面白さって半減しちゃうでしょ。 だから感想とか読まない。 だって平気でネタバレしてる人とかいるじゃぁないですか。 この先ネタバレになるかもしれません、お気をつけくださ…

想い出にかわるまで

「想い出にかわるまで」 ある程度の年齢の方ならご存知の内容だと思われますが、結婚直前の主人公(今井美樹)が婚約者(石田純一)を実妹(松下由樹)に奪われるというどろどろなドラマです。 当時見逃しておったので、この度ということで。 むーーぅ、なん…

脳内ニューヨーク

人気劇作家が心も身体も抱えきれず、連日死を意識していく。 ある日天才的な賞を受賞し、その莫大な賞金で自分の脳内にあったニューヨークを舞台に作り上げていく.....という映画なのだが、これが解りづらい。 自分の人生を自分が演じ、自分の彼女も彼女が演…

インスタント沼

オフィスが変わった。 いや、なに、片付けただけなんだけど。 パソコンの位置も変わり、新たな気持ちで机に向かう。 こうして背筋を伸ばし画面に向かっていると作業もはかどるなぁ。 どれどれちょっこらGyaO!でも覗いてみるかいな。 なんじゃこら?この映画…

最後から二番目の恋

小泉今日子が好きだ。 若い頃は別に気にとめていたわけではない。 歌がうまいわけじゃなし、うまいどころか彼女が歌っているときのブレスでこちらが息苦しくなるほどだ。 30年前、数多のアイドル歌手とは違う切り口の彼女だったが、昨今もAKBとはいかず、…

ふぞろいの林檎たちⅡ

「ふぞろいの林檎たち」を観ていると以前書いたが、そのまま「ふぞろいの林檎たちⅡ」も続けて観た。 最初のシリーズでは大学生だった彼らも(看護学生だった彼女らも)Ⅱでは社会に出ている。 学生時代とは違う社会の厳しさを味わっていく彼らだが、大人でも…

高校教師

「高校教師」 もちろん93年度版である。 ちなみに03年度版はテレビでも観ていない。 30年前に放送されたふぞろいを観るとやはり古さを感じるが、20年前の高校教師になると、さほど時代が感じられない。 携帯がなく公衆電話を多く使うシーンがあるく…

ふぞろいの林檎たちⅡ

最近「ふぞろいの林檎たち」を観ている。 83年の作品なのでもう既に30年近くが経とうとしている。 もちろん今観ても面白い。 ちょっと驚いてしまうのは、最近にはないドラマ作り 有名女優のおっぱいがぽろりどころか堂々と出てきたり(これを観ると最近…

プリンセストヨトミ

「プリンセストヨトミ」 万城目学の原作を読んだのは「鴨川ホルモー」のみ。 同時期に読んだ同じく京大卒作家森見登美彦よりは、こちらのほうが好きだったりする。 「鹿男あをによし」といい「鴨川ホルモー」といい、してまた今回の「プリンセストヨトミ」と…

マイバックページ

この映画は昨年、仙台では公開されませんでした。 震災の影響で映画館のほとんどが開かれていませんでしたから。 1960年代後半から70年代の始まりにかけて、週刊誌の記者であった方の回想録を映画化したものです。 彼と活動家と名のる男との出会いが、…

太陽を盗んだ男

ふむ、なにもこんな時にこんなものを見る必要はない。 言い訳かましてよかですか。 つきあいで見たのですー。 クレジットに「池上季実子」とあったので、 「よし!脱ぐぞ、脱ぐぞ」と手を叩いて見始めたのですが、 脱いだのは彼女ではなくジュリーでした。 …

八日目の蝉

「八日目の蝉」 これは......感想を書くのが難しい。 原作を読んでいないのだが、角田光代さんでこの設定ではちょいと驚きだ。 不倫相手の子供をさらって育ててしまうという、なんとも心臓に悪いストーリーなわけで。 おかしくなってしまった女の話って言っ…

セカンドバージン

しかしオンデマンドっちゅーのは本当に便利だ。 好きな時に観られる。 テレビは1週間スイッチをつけないときはざらで、下手をすると1ヶ月、あら?つけてないかもというときもしばしば。 どうも向こうからただただ与えられる情報をだまって受け入れるのは苦…

ゲゲゲの女房

ここ最近NHKオンデマンドというものを利用しております。 NHKは無料で開放すべきだって声もあるけれど(苫米地さんかな?)この金額で見放題はあたしいいと思うけれど。 何ヶ月か観てやめてもいいんだし。 で、今は「ゲゲゲの女房」を観ております。 行き遅…

色即ぜねれいしょん

「色即ぜねれいしょん」 原作はみうらじゅん。監督は田口トモロヲ。 1970年代の高校生がおくる青春映画。 音楽有りの映画だもんで、プロがでとりやす。 銀杏BOYZにくるり、で、私存じ上げませんでしたけれど、黒猫チェルシー? PV観ましたが、悪くないで…

母なる証明

かわいいかわいい息子の無実を証明すべく母が立ち上がる映画。 冒頭この母親の踊り?で始まるのですが、この踊りが変。 というかこの母の何がしかを含めたような踊りがとっても奇妙でありました。 ラストは......映画紹介には衝撃とあります。 母なる証明 ス…

マルタのやさしい刺繍

「マルタのやさしい刺繍」 スイス映画です。 ばあさんが(しつれい)4人登場しますが、このばーさんたち(しつれい)がすごい。 スイスの片田舎で素朴に素朴に生きてきた女性たちに新しい風が吹いてくるわけです。 自分らしく生きる(当たり前くさくてごめ…

空気人形

「空気人形」 以前「南極1号伝説」という本をブログで取り上げたことがありました。 現在はかなり技術的にも進んでいる業界のようですが、是枝監督が今回焦点をあてたのは空気人形。 あの膨らますタイプのものです。 このお人形さんがココロを持ってしまう…

南極料理人

「南極料理人」 究極の単身赴任。 南極で1年暮らすオトコたち。 この8人がとってもおかしいの。 閉鎖されたところで、もちろん任務があるのでまぁ規則は守っているけれど、少年のようになってしまうんですね。 帰国したくても脱走も出来ない。 だってそれ…

悪人

昨夜映画「悪人」をみた。 原作は読んでいない。 以前吉田修一さんの「パレード」を読んだ時に、自分にはあわないと思ったからだ。 諸事情で丸二日間軟禁状態にあったため非常に疲れてはいたのだが、これは見ねばなるまい。 やはり深津絵里は良かった。 実は…

テルマエロマエ

「テルマエロマエ ヤマザキマリ」 ようやく手にしてみましたが、なんじゃこりゃ、お、おもしろい。 なんでこんな発想になるの?? ローマの浴場設計技師が平たい種族のいる現代の日本へタイムスリップしてしまうという「王家の紋章」というか「バックトゥザ…

プラダを着た悪魔

「プラダを着た悪魔」 内容はいたって単純。 女性の仕事って?てなお話なんです。 ご覧になられた方も多いと思いますけれど、まぁ若いお嬢様方からすればメリルストリープがずいぶんとごうつくばばぁ(古いですね)に映ると思いますが、私からみると非常にか…

ミスティックリバー

「ミスティックリバー」 ある事件をきっかけに離れてしまった少年たちのその後。 殺人事件によって彼らはまた繋がる。 大人になった彼らの人生はさまざまだが、ショーン•ペンは最後まではまり役。 監督はクリントイーストウッドなのだが、見終わった感想はと…

シャイニング

「シャイニング」 やめりゃー良かった。 わざわざ部屋暗くしてみるこたないのに。 皆寝た後にひとり暗闇でみてましたよ。 スティーヴン•キングにキューブリックだなんて、すごい映画。 内容としては至極単純なんだけれど、あのホテルがすばらしい。 外観は実…

愛を読むひと

「愛を読むひと」 原作「朗読者」が好きだったので、いつ映画化するのかと思っておりましたが、とっくになっていたと。 お、DVDは完全無修正とあります。 前半どうしても原作の影響が高く、映画に完全に入ることができなかったのだけれど、後半はやはり泣い…

それでも、生きてゆく

昨夜フジのテレビドラマ「それでも、生きてゆく」が最終回を迎えた。 被害者家族と加害者家族という非常に難しい問題を扱ったドラマ。 通常ドラマは導入部で盛り上がり、中だるみがあって終盤ちょこっと盛り上がって最終回はつまらないというものが多いよう…

ノルウェイの森

「ノルウェイの森」をi-Tunesで観た。 レンタル屋に返す手間が省けるので私はよく利用している。 あれだけのベストセラーだから観るというより、私が単純に松山ケンイチのファンだからだ。 内田樹さんがブログで松山君の「ワタナベ」は村上春樹さんにそっく…

パンドラの匣

「人間失格」より先にこちらを観ることに。 そういえば「人間失格」の予告編を観ましたが、えーと伊勢谷友介君の方がぽいような。 あ、すいません、観ずにこんな発言。 しかし伊勢谷君て、東京藝大の院卒なんですね、ほぅ..........。 まずこの「パンドラの…