ブログ

遠離一切顚倒夢想

その昔、自撮り王といえば植村直己であった。 単独行の彼はあちらこちらの冒険でたくさんの写真を残してくれている。 その中の1枚、北極点行きの写真だったろうか。 荷物をたくさん積んだソリに旗が立てかけてあって、そこには友人たちからのメッセージが添…

はじまりへの旅

悪巧みサイトがここのところさらに巧妙に作られているため、おばさんは騙されかねない。 なので、iPhone X にもウイルス駆除を。 ウイルスバスターはモバイルも含め3台まで可能なので、早速入れて見る。 アップル製は比較的標的にされにくいと言われるが、…

今年ばかりは

深草の野辺の桜し心あらば 今年ばかりは墨染に咲け

すっかり春の映画祭3

いろいろと技を使い、めでたくも iPhone X が我が家にも導入された。 iPhoneはこれで5台目。 お恥ずかしながらアップル信者と呼ばれても、否めない。 あぁ、そうさ。 そして私、Xにして初めてiPhoneに惚れてしまった。 あぁなんて快適なの。 私のこの顔がID…

春までもう少しの映画祭2

ネット内で紐付けされると正体がバレるので、最近はおとなし目にしていた。 世間に向かって何か特別訴えたいこともないですし(笑)本名で逃げも隠れもいたしませんとも言い難いし、何かあったら逃げたり隠れたりしたいですし(笑) でも、たまに何か吐きた…

春までもう少しの映画祭(開催中)

先日の「おらおらで・・・」のブログをここで補足。 このタイトルどうやら宮沢賢治の詩からつけられたようで。 義父の形見である宮沢賢治全集を引っ張り出してくる。 妹との永遠の別れをうたう「永訣の朝」に ございました。 (Ora Ora de shitori egumo) 解…

あん

ほぼ日手帳カズンある日のお言葉 スタートアップの時代に必要とされる人と、 会社が軌道に乗って成長していくときに 必要とされる人は、だんだん変わってくる。 その人の能力がないわけじゃなくて、 必要とされる質やスキルが変わってくるんです。 ブライア…

それにしてもカッコ良すぎ

20年ぶりか「お〜い!竜馬」を読み返している。 お~い!竜馬 (第1巻) (ヤングサンデーコミックス〈ワイド版〉) 作者: 武田鉄矢,小山ゆう 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1998/02 メディア: コミック クリック: 2回 この商品を含むブログ (13件) を見る エン…

エンディングノート

常々、人間60歳過ぎたら片付けはしておくものだと若い頃から思っていた。 最近は平均寿命が延びたせいか、そんなことにはお構いなく、いつまでも生きていると思っている人たちが多いように感じたり。 自分は割と片付け魔の方で、それも良し悪しなんだけど…

Kindle Paperwhite

先日のAmazonサイバーマンデーについつい引っかかり、数千円OFFでKindle Paperwhiteを買った。 Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック 出版社/メーカー: Amazon 発売日: 2015/06/30 メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログ (17件) を見る kindleは2…

映画ちょっと感想

てことで、師走です。 WOWOWでいくつか映画を観たのでざっとまとめてミニミニ感想など 「わたしを離さないで」 わたしを離さないで [DVD] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2012/06/02 メディア: DVD 購入…

手帳の季節

さっぱり寒くならなーい、のにもうこの季節。 店頭には手帳がずらーっと並ぶ時期ですよ。 スマホ管理も良いけれど、やはり手書きでいきたいもの。 買うときも楽しい、年末に終わりを迎えたときも楽しい、何年か経ってから見ても楽しい。 しかし私、ここ数年…

人間

秋ですな。 ご無沙汰しておりましたが、図書館通いでちまちま読んではおりました。 それは後々紹介できると良いのですが・・・ 4月から始まったシルバー枠のドラマ倉本聰の「やすらぎの郷」 半年間もの間、飽きさせずにみせてくれた。 いよいよ最後の週を迎…

青天の霹靂

梅がようやく咲きました。 3月は寒かったねぇ。 映画「青天の霹靂」 青天の霹靂 通常版 DVD 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2014/12/10 メディア: DVD この商品を含むブログ (12件) を見る BSで放送していたので観てみました。 変な感想だけれど、やっぱり…

ブログなるもの

誰でも日記を公開する時代、このブログなるものはもはやこの世にしっかりと定着してしまったようだ。 けれど、SNSの中でも長文が(でもないのだが)面倒らしく、ブログさえ書かないものになってしまっている。 Twitterもまだまだ使っている人が多いようだし…

ない仕事の作り方

去年から読んでたんだけど、すっかり紹介が遅くなり....ました。 いったい何が忙しかったんでしょうね(昼寝かね....) 「ない仕事」の作り方 作者: みうらじゅん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/11/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品…

雑感(鉄瓶)

わたくし、鉄子であります。 えーと、鉄道の方じゃなく、鉄瓶の方だけどね。 薪ストーブ導入とともに使い続けているから、もう10年来お世話になってるかな。 で、この鉄瓶ちゃん、現在2つばかり使用しておりますが、どんなにお姫様扱いしても、錆びます。 鉄…

雑感(雪虫)

雪虫をご存知だろうか。 真っ白い綿のような身体に小さな羽を付けふわりふわりと浮かぶように飛ぶ虫でそのかわいい姿から北国では妖精などと呼ばれているが、なんのなんの、ただのアブラムシである。 さて、この虫が飛び出すとだいたい1週間くらいで雪が降…

雑感

ポケモンは田舎には少ないらしいが、デスノートも都会にしか落ちていない。 10年前の松山ケンイチのLはすばらしいものがあったが、今、気になるのは「聖の青春」 東の羽生西の村山と呼ばれた将棋界の怪童村山聖(さとし)の映画。 幼少よりネフローゼを患い…

芸術の秋

最近運転しているとウインカーを出さない方を多く見かけるんですが、法律変わったんですかね。 NHKで先週から始まった「夏目漱石の妻」が面白い。 尾野真千子のお嬢さん妻鏡子は占い好きで朝寝坊でかわいらしい。 そして、長谷川博己の漱石がインテリの激情…

バクマン。(映画)

なんとも複雑な映画である。 なんでって? 面白いと言っていいものか、いや、そうでもないと言っていいものか。 原作はどっぷりと濃い内容なので、総合芸術とはいえ2時間の映画に収めるのはさぞかし大変だったであろう。 どこに着地させるかで変わってくる…

安野モヨコ展

池袋のパルコで開催中の「安野モヨコ展 STRIP!」 行ってきました(初日よ、初日) びっくり、閑散としておりました(笑) まぁ、写真撮影し放題だったのでご覧いただきましょう。 入り口。 コミクスのタイトル別にコーナーが分かれております。 ぷはぁ〜。 …

ヘアオイル

私、天パーで髪の質が悪くさっぱりまとまらないひとなのよ。 しかも年齢とともに薄毛にもなりだして寂しい雰囲気が漂いはじめてるし。 美容室では流さないトリートメントを使ったらどうかとアドバイスがありました。 とにかく潤いがさっぱりない、かさかさー…

ホットロード

らららー。 奥さん、あれから30年ですってよ、30年。 あの時代の別冊マーガレットはいくえみ綾先生と紡木たく先生の双璧だったわねぇ。 いくえみ男子に負けず劣らず紡木先生の描く男子もなかなか良かったの。 それにこの方、微妙な親子関係は得意ですよ。 危…

片桐はいりと甲野善紀

NHKの朝ドラとと姉ちゃんがすごく面白くない。 演技はどうあれ、あの高畑嬢のびっくりしたアヒル顔を見ると朝から惚ける。 しかし東堂先生役の片桐はいり登場とともにその状態は一変。 平塚らいてうの朗読にも非常に重みがあった。 やはり人なのだな、と。 …

重版出来の出来

さて、問題なのは「重版出来」である。 先に言っておこう。 原作は『まだ』読んでいない。 すぐに原作に手を出す私がすんどめするほど、テレビドラマがすばらしいからである。 なんなのこのマンガ?少女時代からのマンガ好きを大興奮させてしまうこの内容。 …

大事な息子にマダニがっ

昨日の記事に引き続き本日海老蔵さんのインタビュー見たんですが、 「この先歌舞伎ができなくなったらお坊さんでも」とか言ってましたけど。 とても気概のある得度とは思えんわい。 さて、話はぜんぜん違う方向へいっちゃうんだけど、うちの息子アレルギー犬…

SNSで頭が錆び付く

えっと、ブログの書き方忘れました。 SNSで頭錆び付いたよな。 LINEなんかセンテンスさえいらねぇ、スタンプだも。スタンプ。 バンっと押しておしまい。 まぁ、書き方は忘れましたが、少しずつ勘を取り戻すまでどーぞお付き合い下さいませ。 いえ、勘を取り…

出家ですかい

海老蔵出家?? おいおい、得度ってどういうことだよ。 えー、はっきり申しますと、やられた感があります。 源氏物語なんかだと、男たちから逃げるため姫たちが出家しますけど、海老蔵さんはなんすか?「変化したい」「生まれ変わり生きる」 ん、なんだかわ…

編み物作品お披露目

今シーズンは久々に大物を編んでみたのん。 ここ数年、時間がなくってレッグウォーマーとかばかりだったから。 こちらが1作目、マフラー。 モデルさんは犬ですが、もちろん人間用です。 延々裏メリヤス編み....... 大概飽きたんですが、かわいく仕上がりま…