読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜型人間のための知的生産術

「夜型人間のための知的生産術 齋藤孝」 (124)夜型人間のための知的生産術 (ポプラ新書) 作者: 齋藤孝 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2017/04/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 齋藤先生、よくぞ言い切った!!!!! 夜型でいいんじゃ…

夢をかなえるゾウ3ブラックガネーシャの教え

無料というのは恐ろしいもので、後先を考えずについポチッとしてしまうものです。 kindleUnlimited今月はこの読み放題の特集が水野敬也。 えぇ、夢をかなえるゾウシリーズですな。 この方、いやいやなかなかの、いんやかなりのヒットメーカーですよ。 「夢を…

自分の頭で考えよう

安部公房が生存していればノーベル賞受賞寸前であったという記事が昨日載っていた。 「砂の女」を読んだときのあのむせ返るような砂とラストの粛然とした、しかし圧倒的な恐怖を思うとはなはだ納得してしまう話である。 年齢のせいにばかりしてはならないが…

あなたは自分を利口だと思いますか?

「あなたは自分を利口だと思いますか?」 凄いタイトルである。 これはオックスフォードとケンブリッジ大学の悪名高き入試問題らしい。 とにかく簡単には解けないというか、むしろ解けない問題だ。 例えば • 地球にはひとが余計にいるでしょうか? • コンピ…

スティーブジョブズ驚異のイノベーション

ストック本が無くなるとあちらこちらを探しまわる。 誰かが読まずにころがしておいた本をみつける。 通称「ころがり本」 実際は本棚というところに収納されているものだが、わたしにはころがっているようにみえるのだ。 本日のころがり本はこれだ。 「スティ…

イノベーションシンキング

「イノベーション•シンキング ポールスローン」 こちらは以前に読んだ「ウミガメのスープ」のポールスローンの本。 ウミガメの方は水平思考の問題がたくさん載ってある本でしたが、こちらはもっと具体的に水平思考を育て活用していくにはどうしたらよいかが…

うみがめのスープ

【ラテラルシンキング(水平思考)】 問題解決のために既成の理論や概念にとらわれずアイデアを生み出す方法。 エドワード•デ•ボノが1967年に提唱。 wikiより ロジカルシンキング‥‥論理的思考や分析的思考などの垂直思考では論理は深まるが斬新な発想は…

シンプル・マッピング最強ノート術

『シンプル・マッピング最強ノート術 松宮義仁』 シンプル・マッピングとネットでよく耳にし、ついにインプットされてしまっていた模様。 帯には「仕事と勉強が10倍できる!」ですって。 シンプル・マッピングとは、メインテーマを中央に置きそこから派生…

起きていることはすべて正しい

情熱大陸で以前、勝間和代女史を見たとき、あまりに効率を叫んでいるので、それはどうなのか?と疑問に思ったことは確かだ。 しかし、あーだこーだ言う前にまずは読んでみるべしとばかり、遅ればせながら勝間本読んでみました。 『起きていることはすべて正…

就職しないで生きるには

「就職しないで生きるには レイモンド・マンゴー」 いいなぁ元旦にこういうタイトル。 以前情熱大陸でブックディレクターの幅允孝(はばよしたか)さんが影響を受けた本として紹介されていた。 あるんですね、こういう仕事。 ブックディレクター・・・・テー…