読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石燕と水木サン

叔母が亡くなった。 知らせを受け急いで駆けつけ線香をあげる。 本当に久しぶりに敷居をまたいだ母の生家である。 それがもう築200年の妖怪なんか普通に出そうな家なんだってば。 古民家カフェにでもしたいぐらいなんだけど、誰もこないような山奥なのよねぇ…

ターシャの家

さて、いよいよこの季節がやってまいりました。 はい、草むしりの季節です。 抜くのが早いか生えるのが早いか。 雨の時期になると草どもに負けちゃうんですけどねぇ。 実際今も庭仕事をしているわけだけれど、やはり憧れってのもある。 ちょっと大きな庭で最…

人魚夜話

人魚と聞けばなんとなく飛びついてしまう。 しかーし、西洋のやつにはあんまり興味がなくってどうも東洋のちょっと怖い話に興味が惹かれますわねぇ、八百比丘尼とかさ。 怖いものであれば高橋留美子の人魚の森なんてーのもございます。 こちらは名嘉陸稔さん…

コーネルの箱

『コーネルの箱 チャールズ・シミック』 コーネルはアメリカの芸術家。 このジョセフ・コーネルの作品にチャールズ・シミックが文章をそえたものだ。 コーネルは箱の芸術家。 自作の箱の中にあるのは通常であれはガラクタとしてゴミ箱行きのものたち。 その…

ザ・ドール

球体関節人形をご存知だろうか? 関節の部分が球状になっていていろんなポーズをつけられる人形のことだ。 動かせるだけあって通常の人形よりはより人間に近い雰囲気を持たせることができる。 この人形を初めて制作したのはハンス・ベルメール。 今日ご紹介…

金子國義の世界

岡崎京子を初めて読んだのは、これもずいぶん昔の話だ。 彼女は金子國義の影響を受けているのではないかと思ってはいたのだが、あらためてみてみると・・・・・まんまやん。 (おっと 熱烈なファンの皆さん怒らずに) 澁澤龍彦は彼の絵を観た時絶賛したそう…