おとなの進路教室。

早めに来た春が街中と我が家の間くらいで寒さのため止まってしまっていたが、それでもよっこらせと庭にたくさんの花が咲いて来た。 これから庭仕事の季節。 格闘である。 もえ盛る春。 であるが、気分としてはこんな色合いである。 とある界隈で山田ズーニー…

はじまりへの旅

悪巧みサイトがここのところさらに巧妙に作られているため、おばさんは騙されかねない。 なので、iPhone X にもウイルス駆除を。 ウイルスバスターはモバイルも含め3台まで可能なので、早速入れて見る。 アップル製は比較的標的にされにくいと言われるが、…

今年ばかりは

深草の野辺の桜し心あらば 今年ばかりは墨染に咲け

すっかり春の映画祭3

いろいろと技を使い、めでたくも iPhone X が我が家にも導入された。 iPhoneはこれで5台目。 お恥ずかしながらアップル信者と呼ばれても、否めない。 あぁ、そうさ。 そして私、Xにして初めてiPhoneに惚れてしまった。 あぁなんて快適なの。 私のこの顔がID…

春までもう少しの映画祭2

ネット内で紐付けされると正体がバレるので、最近はおとなし目にしていた。 世間に向かって何か特別訴えたいこともないですし(笑)本名で逃げも隠れもいたしませんとも言い難いし、何かあったら逃げたり隠れたりしたいですし(笑) でも、たまに何か吐きた…

春までもう少しの映画祭(開催中)

先日の「おらおらで・・・」のブログをここで補足。 このタイトルどうやら宮沢賢治の詩からつけられたようで。 義父の形見である宮沢賢治全集を引っ張り出してくる。 妹との永遠の別れをうたう「永訣の朝」に ございました。 (Ora Ora de shitori egumo) 解…

おらおらでひとりいぐも

最近映画が好きだ。 先ほど「ライフイズビューティフル」を観ていて、これはフランクルの影響が多大だなと思ったばかり。 ライフ・イズ・ビューティフル(字幕版) 発売日: 2015/03/15 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る ほんの少し前までは…

老子講義

5度ですが日差しがあるので暖かいです。 おいっ、きたろう と、いうわけで只今西田幾多郎と格闘中です。 誰もが読み始めるが多くの人は理解できないというこの書を、実は前回挫折いたしておりまして、えぇ。 しかし、なぜか今回はスルスルといけております…

あん

ほぼ日手帳カズンある日のお言葉 スタートアップの時代に必要とされる人と、 会社が軌道に乗って成長していくときに 必要とされる人は、だんだん変わってくる。 その人の能力がないわけじゃなくて、 必要とされる質やスキルが変わってくるんです。 ブライア…

老子

はぁるぅのうーたぁ♪ と気分は春ですが、雪はのっそりございます。 で、今日は「老子」 老子って誰や?って話ですが、多分この人であろうとあたりはついているらしいのですが、いや何、複数じゃないのかと言う説もあり。 とにかく現代までたくさんの訳者さん…

未来の年表

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書) 作者: 河合雅司 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/06/14 メディア: 新書 この商品を含むブログ (17件) を見る その辺に転がってあったので読んでみました......... 人口減少の日本にこれ…

最強の食事

今月に入ってから日差しは春ねぇ。 日中はプラス気温だし、暖かいわ。 エンディングノートを書き進めると、同時に書類の整理が捗る。 記憶違いも多いので確認のためにも良し。 ここはひとつインデックスもつけてファイル管理といこうかなと思ったが、さてど…

それにしてもカッコ良すぎ

20年ぶりか「お〜い!竜馬」を読み返している。 お~い!竜馬 (第1巻) (ヤングサンデーコミックス〈ワイド版〉) 作者: 武田鉄矢,小山ゆう 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1998/02 メディア: コミック クリック: 2回 この商品を含むブログ (13件) を見る エン…

エンディングノート

常々、人間60歳過ぎたら片付けはしておくものだと若い頃から思っていた。 最近は平均寿命が延びたせいか、そんなことにはお構いなく、いつまでも生きていると思っている人たちが多いように感じたり。 自分は割と片付け魔の方で、それも良し悪しなんだけど…

無為こそが過激

狩撫麻礼 逝去。70歳。 学生時代ボーダーに憧れた亭主はドロップアウトをせずなんとか社会に生き残ったが、代わりに女房がボーダーと化してしまった。 無為こそが過激 なんにもしないでブラブラしてんのがホントは一番のチカラワザなのさ 今や、なんの役に…

Kindle Paperwhite

先日のAmazonサイバーマンデーについつい引っかかり、数千円OFFでKindle Paperwhiteを買った。 Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック 出版社/メーカー: Amazon 発売日: 2015/06/30 メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログ (17件) を見る kindleは2…

死んだらどうなるの?

「死んだらどうなるの? 玄侑宗久」 死んだらどうなるの? (ちくまプリマー新書) 作者: 玄侑宗久 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2005/01/25 メディア: 新書 クリック: 2回 この商品を含むブログ (23件) を見る 10年以上を経て読み返しです。 本業の仏…

映画ちょっと感想

てことで、師走です。 WOWOWでいくつか映画を観たのでざっとまとめてミニミニ感想など 「わたしを離さないで」 わたしを離さないで [DVD] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2012/06/02 メディア: DVD 購入…

手帳の季節

さっぱり寒くならなーい、のにもうこの季節。 店頭には手帳がずらーっと並ぶ時期ですよ。 スマホ管理も良いけれど、やはり手書きでいきたいもの。 買うときも楽しい、年末に終わりを迎えたときも楽しい、何年か経ってから見ても楽しい。 しかし私、ここ数年…

3月のライオン 13巻

3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス) 作者: 羽海野チカ 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2017/09/29 メディア: コミック この商品を含むブログ (4件) を見る なんだこのストーリーは!!! こんなのありか。 涙出るじゃないか。 全くこの作家のほ…

人間

秋ですな。 ご無沙汰しておりましたが、図書館通いでちまちま読んではおりました。 それは後々紹介できると良いのですが・・・ 4月から始まったシルバー枠のドラマ倉本聰の「やすらぎの郷」 半年間もの間、飽きさせずにみせてくれた。 いよいよ最後の週を迎…

魔の山

本の虫、ご存知ですね。 本好きの人のことじゃぁなく、実際に古書や置きっ放しの本をうろうろしているあの小さな虫のことです。 最近、私の指の周りを徘徊しておったのですがっ!! 出た場所もまさしく本の上なんですがっ! 虫が這っていたのはkindleアプリ…

臨済録

先日火傷をいたしまして、現在は絶賛水膨れ中ですが、大丈夫でございます。 傷(でいいのかな)を眺めながらいろんな形や色に変わっていくんだなぁと思いまして、はい。 人間の身体って面白いもんでございます。 臨済宗の開祖、臨済の言行をまとめたものに「…

動的平衡

常々、人間は左手も右手も使えるようにしておいた方が良いと思って生きてきた私だが、訓練を積む絶好のチャンスが巡ってきた。 利き手を火傷したのである。 面白いので載せてみるが、写真がでか過ぎた。 ほんのちょっとしたタイミングのズレから熱湯をかぶっ…

無 I II III

またシンプルなだけに面倒臭そうなタイトルの本ですが。 無〈1〉神の革命 作者: 福岡正信 出版社/メーカー: 春秋社 発売日: 2004/08/01 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (2件) を見る 無〈2〉無の哲学 作者: 福岡正信 出版…

FEEL YOUNG8月号

何年ぶりですか、漫画雑誌なんて購入したのは。 FEEL YOUNG (フィールヤング) 2017年 08月号 [雑誌] 作者: フィール・ヤング編集部 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2017/07/07 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 女性誌?なんて手を出したこ…

絶対不可能

「チベット死者の書」を読んでから、もう少し掘り下げてみようかとチベット関連の本を数冊買ってあったのだが、木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」を数年ぶりに読み返してしまい、また別ルートを進むことになった。 奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木…

みみずくは黄昏に飛びたつ

暑さに弱い暇人は夏になると籠るようになる。 さて私が最近何をしているかというと、ゲームだ。 そんなのどうでもいいというような声が聞こえてきそうだが、夏場はやっぱりゲームなのさ。 パズルゲーム、レイトン教授シリーズの新作が出そうだというので(も…

チベット死者の書

「チベット死者の書」 チベット死者の書―仏典に秘められた死と転生 (NHKスペシャル) 作者: 河邑厚徳,林由香里 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 1993/09 メディア: 単行本 クリック: 18回 この商品を含むブログ (7件) を見る この本が随分流行った…

人生を半分あきらめて生きる

昨日WOWOWでXJAPANのライヴを放送していた。 何気なく見ていたのだが、どうしてもTHE ALFEEに見える。 桜井が歌い高見沢が演奏しているところへ、今にも坂崎がどーもどーもと入ってきそうだ。 ファンに怒られるって? さて、どちらのファンに怒られるかな。 …