エンディングノート

常々、人間60歳過ぎたら片付けはしておくものだと若い頃から思っていた。

最近は平均寿命が延びたせいか、そんなことにはお構いなく、いつまでも生きていると思っている人たちが多いように感じたり。

自分は割と片付け魔の方で、それも良し悪しなんだけど。

 

還暦まではまだ間があるが、ちょいとまとめてみようとエンディングノートを買ってきた。

これはこのまま使わずに参考にしながら、新たにノートを作ってまとめてみようと思っている。

表紙はこんな感じ

f:id:samonsan:20180123120501j:plain

 

開いていくと自分の基本情報を書く欄から始まります。

名前、住所、生年月日ふむふむ、電話番号、携帯電話番号ふむふむ。

次のページへ進むと現在まで住んだことのある住所を書きましょうなんてあります。

移動の多い人生の方、この辺から覚えてないこと増えますよ。

まだ2ページ目なんですけど(笑)

そしてすぐ、

健康保険証、運転免許証、パスポート、住民票コードなんてでてくる。

 

さぁ、続いて預貯金、口座引き落とし、不動産、資産、年金、各種保険、ローン!!

クレジットカードに電子マネーにそれっそれっ!携帯にパソコンだーっ。

パスワードだって、そこのお父さん、覚えられないでしょ。

お金や事務仕事を夫婦どちらかに任せきりな人はかなり気をつけたほうがよろしい。

人間ひとりの情報量ってものすごい..........

これはむしろ生きるためのノート。

 

そしてこんなページまで用意されております。

ペットについて

f:id:samonsan:20180123120601j:plain

 

なるほど。

ペットのかかりつけの病院、保険、ご飯、おやつ、去勢の有無。

大事なことよねぇ。

 

そしてこちら。

家族も意外と知らない親族表。

f:id:samonsan:20180123120625j:plain

 

横溝正史なんかの小説だと先ず出てくる遺言書の開封。

相続などで揉めないようお気をつけくださいませ。

 

そして、友人知人の連絡先、命日、ご自身の健康管理、病院、薬、告知、延命処置、介護、葬儀、お墓と続きます。

借金や愛人の有無、隠し子なんてのもありましょうよ、それぞれね。

 

こんなのまとめて書いたら危ないよって思われる方もいらっしゃるでしょうけれど、クラウドどころかFa◯e◯ookだー、ブログだーと全世界に個人情報自らが流してながら何をおっしゃいます(笑)

印鑑の保管場所、通帳の隠し場所、パスワードは別管理で、改めてご確認のほどを。

 

 

旦那にも書いたほうがいいよと話すと珍しくすんなり受け止め、良い心がけだと思ったところ、

 

「俺は今まで被ってきたヘルメットについて書こうと思う、写真付きで」と一言。

 

あ?そうですか.......

 

参考にしたのはこちら

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

 

 

無為こそが過激

狩撫麻礼 逝去。70歳。

 

学生時代ボーダーに憧れた亭主はドロップアウトをせずなんとか社会に生き残ったが、代わりに女房がボーダーと化してしまった。

 

無為こそが過激

 

なんにもしないでブラブラしてんのがホントは一番のチカラワザなのさ

 

今や、なんの役にも立たない無職のめんどくさいおばさんだ。

老師にならずに蜂須賀になっちゃったよ。

狩撫さん、あなたのせいだ。

(いえ、私のせいです)

 

 

いつ何時kindle配信が終了するとも知れず、ご心配な方は買っておくべし。

そのうち紙では手に入らなくなるでしょう。

今なら1巻の上下巻とも99円。

今日は宣伝だ!持ってけ、泥棒!

 

ここからは料金いろいろ。

ハード&ルーズ 1巻

ハード&ルーズ 1巻

 
リバースエッジ 大川端探偵社 1

リバースエッジ 大川端探偵社 1

 

 

 

Kindle Paperwhite

先日のAmazonサイバーマンデーについつい引っかかり、数千円OFFでKindle Paperwhiteを買った。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

kindleは2台目。

初代を涙ながらに待って購入、しかし、漫画が読みづらくiPadminiに浮気をし、そのminiとも辛い別れをし、この度晴れて再度購入と相成った。

さて、こいつは何世代目なんだろうか。

かなり色々改善されておるはずと手にとってみると、むふ〜ん快適。

えーと、漫画の話ばかりでお恥ずかしいのだが、これがまた読みやすい。

ただ、もう少し画面が大きくても良いなぁと言うところ。

そのほかの本についてはこんな感じ。

 

f:id:samonsan:20171216144238j:plain

 

文庫と大きさを比べてみる。

ちなみに文字の大きさは、おばさんサイズの6。

 

f:id:samonsan:20171216144255j:plain

 

コミクスとでかさを比較してみる。

ちょっと小さいかなぁ(タブレットの方がいいかなぁ)

 

続いて文字。

これが問題なんだけど

 

f:id:samonsan:20171216144525j:plain

 

これが一番小さな文字サイズ1。

 

f:id:samonsan:20171216144550j:plain

 

そしてこれが一番大きな文字サイズ14。

初代に比べたら随分綺麗になりました。

フォントは、明朝とゴシック、画面は筑紫明朝になります。

タブレットより目に優しいし、やはり老眼には文字サイズを変えられるって嬉しいですよね。

辞書も便利だし、文句なし。

 

ただ漫画がなぁ(まだ言うか)

持ち運びを考えるとこの6インチは便利ではある。

7インチは登場しているけれど、もしもう少し大きいサイズが出るとしたら、迷わず買っちゃうかも、おうち用に。

おじさんおばさん、そして年寄りの本好きには便利ですわよ。