ぼくの命は言葉とともにある

「ぼくの命は言葉とともにある 福島智

 

 

福島智氏は3歳で右目、9歳で左目の視力を失い、14歳で右耳、18歳で左耳の聴力を失い、全盲ろうになった。

彼は世界で初めて全盲ろうで大学教授になる。

現在は、東京大学で物理的なバリアのみならず、心のバリアフリーも含めた研究をしている。

 

このような身体の状態を理解することは到底無理なのだが、少しでも気持ちを理解しようと思うなら、プールに潜って目をつぶってみてほしいと彼は言う。

 

聴力も失いかけコミュニケーションを取りづらくなった彼を救ったのは母であった。

それまで点字のタイプライターを使い、点字を紙に打ってもらい会話をしていた彼だが、その時近くにタイプライターがなかった母親が、自身の指を息子の指に重ねると、タイプライターのキーに見立て、文字を打ち出したのである。

 

さ と し わ か る か

 

と。

この「指点字」と名付けられたコミュニケーション方法はこの後、多くの人々を救う事になる。

 

何度も死を意識するような状況に落ちいった時、彼をこの世にとどめたのは、フランクルであった。

人が生きる上で実現する価値には3つある。

何かを生産するような創造的な活動を意味する「創造価値」

何かを表現するクリエイティヴな創造を意味する。

2つ目は「体験価値」

作り上げることはできなくても自然や芸術に感動して感じることを意味する。

最後の3つ目は、この2つ以上に大切な価値で、人が苦悩に直面した時にどう対処していくのかにかかってくる「態度価値」と言うもので、フランクルはこれが一番大切であると言っている。

 

生来楽天的な著者もこの極限状態で横向きどころか真後ろを向いてしまう時があると。

そう言う時は下手に動かないことだと彼は綴っている。

そしてどうしてもどうしても前に進めなくなった時、彼はどうするか。

 

後ろ向きになったまま、後ずさりする。 

 

これで結果的に少し前進した事になると。

これはちょっと使えるような気がします。

人間誰しも程度の差こそあれ、前に進めないことが当然ある。

特に身体の問題は他人に代わってもらうことはできません。

そんな時この言葉を思い出してみるのも良いかもしれない。

 

なんだか、ブログのまとめがうまくできなくなっちゃったけど。

まー、頑張るか(笑)

 

柳澤桂子の本

柳澤桂子さんは、1970年代生命科学者として出発した矢先、病に倒れました。

原因不明の難病で入退院を繰り返し、後に病名が発覚するも歩行困難でベッドで思索を繰り返しております。

 

生きて死ぬ智慧

生きて死ぬ智慧

 

 

「生きて死ぬ智慧 柳澤桂子

帯には科学的解釈の般若心経と、あります。

が、うーん。

そうね、人間も宇宙の中では粒子、と捉えたところに新解釈があるのかもしれません。

それぞれの方の般若心経が出るたび話題になりますが、それだけ理解しづらい教えなんですね。

日本画家の堀文子さんの画も素晴らしい。

 

永遠のなかに生きる (集英社文庫)

永遠のなかに生きる (集英社文庫)

 

 

人間の死を考える上で、色々な生物の老いと死を取り上げております。

必ずしも人間のように老いが死に結びつく生物だけではないのだと著者は語ります。

 

われわれはなぜ死ぬのか―死の生命科学

われわれはなぜ死ぬのか―死の生命科学

 

 

こちらは上記の「永遠のなかに生きる」を膨らました感じ。

と言うかこっちが先に出版されていて、永遠・・・の方が後ですね。

どちらかを読むとすれば「われわれはなぜ死ぬのか 死の生命科学」の方がお詳しいかと思います。

 

彼女の本を読んでいたら、そういえばと思い出した本がありました。

 

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

 

 

生物と無生物のあいだ 福岡伸一

実はこの本、私、半分読んだまんまぽいっとしてました。

気づいたら10年放置(笑)

改めて読み返してみたら、この方の文章のうまさはちょっと驚きます。

 

4冊ほど生物関連本を読んでみましたが、私、細胞分裂には興味ないんだなと(笑)

気づいてよかったわ。

大人の語彙力が面白いほど身につく本

暑いんですか?そうですか。

うちはまだ朝ストーブ焚いております。

だってまだ5月ですよ。

 

先日、本屋さんへ出向きましたら、旦那が「図書カードがあるから本を買ってやる」と息巻いておりまして、いくらあるんだと聞いたところ、鼻を膨らませながら「1500円だ」と言うので、それなら結構と丁重にお断り申し上げました。

Amazonに頼む時は、これだ!ってのを注文するんですが、なんですか、本屋さんって、これは買わなくてもいいんじゃないか?っての買ってしまいますよね。

しかも、重ねてレジへ運んでしまいます。

 

「大人の語彙力が面白いほど身につく本」

 

大人の語彙力が面白いほど身につく本 (青春新書プレイブックス)

大人の語彙力が面白いほど身につく本 (青春新書プレイブックス)

 

 

まぁなんですか、とにかく私のほとんどない語彙力は間違いだらけでした。

こんなに間違って覚えていたんですね。

昨今はテレビでももちろんネットでも間違いだらけで、調べながらじゃないと危ないとは思っていたんですが、一番の間違いは「親」なんですね。

こんないい歳になって親の悪口を言うつもりもないけれど、とにかく親というものは間違いを平気で教える生き物です。

 

でも、この本そのものが間違ってたらどうなるのかと思っていたら、

 

見つけちゃった(笑)

 

間違いってほどではないけれど、こっちの方が正しいわよって箇所がありました。

えへへ。

校正さん、ここ違うよー。